霞ヶ浦&鹿島神宮ツーリング

2017/07/09

 

今日は霞ヶ浦で発行されたダムカードを貰いに行ってきました。霞ヶ浦ってダムじゃないじゃんと突っ込まれそうですが、最近はダムだけでなく貯水池や堰、沼なんかでも発行してるんですよー。(´・ω・`)

 

天気は晴れで猛暑日です。暑すぎて今日のプランを早速後悔しています。標高の高い場所に行けばよかった・・・。

湖畔にある展望台から霞ヶ浦を見渡しますが、今日は空が霞んでますね。


ダムカードをもらう前に鹿島神宮を訪問します。鹿島神宮の楼門は日本三大楼門のひとつに数えられる重要文化財です。楼門をくぐり一般的には正面にある本殿ですが、鹿島神宮は右手にあります。古代、未開の地だった北方の敵の攻撃から都を守るために北向きに配置されていますって本に書いてありました。


参道を進むと鹿園がありました。アマテラスの命令を伝えに来られた天迦久神(あめのかくのかみ)が鹿の神霊とされていることから、鹿島神宮のお使いは鹿となっているそうです。


1日40万㍑もの湧水が湧く御手洗池です。隣にある茶屋でみたらし団子とアイスコーヒーを頂き少し休憩。


鹿島神宮の主祭神は武甕槌大神(たけみかづちおおかみ)でオオクニヌシに国譲りの交渉に行った強ーい神様です。地震を引き起こすナマズを抑えこむ存在としても有名です。要石は地中深くまで埋まっていてナマズの頭を押さえつけており、掘っても掘りきれない岩と言われています。


氷川神社の御朱印帳を持ってきたのですが、鹿島神宮の可愛らしい鹿の御朱印帳に惹かれ買ってしまいました。相川七瀬さんのデザインだそうです。

 

鹿島神宮を後にしR124を南下します。神栖市に入り海沿いのお気に入りスポットのウインド・パワーかみすに寄り道です。

 

日本初の洋上風力発電所で岸壁沿いに風車がズラリと並びます。

 

巨大すぎて真下に行くと怖いけど風車のある風景が好きです。

 

にしても暑い・・・。近くにあるコンビニでアクエリアスとアイスを買い風車を眺めながら涼みます。

また霞ヶ浦方面へ戻ります。北浦湖畔に立つ一之鳥居は水上鳥居としては国内最大級です。


潮来駅に隣接する観光協会で霞ヶ浦(北浦)のダムカードゲットです。わーい。(´・ω・`)


R355→R354で道の駅たまつくりで霞ヶ浦(西浦)のダムカードゲットです。わーいわーい。(´・ω・`)

行方市のご当地グルメ行方バーガーで昼食でもと思いましたが、ナマズや鯉は美味しそうに思えずスルー。

 

r118にある富士見塚古墳公園で古墳を見学します。6世紀初めに築造と推定される前方後円墳はとても綺麗に整備されていました。管理人のおじさんと少しお話させて頂きました。

 

あまり知られてないかもしれませんが、茨城県は古墳が多く残されているんですよね。

湖畔沿いで撮影会始まる。


暑い、本当に暑い。軽い頭痛がしてくるほど暑いので、かすみがうら市水族館に避難します。この辺りは帆引き船の発祥の地でもあるんですね。


入場料310円を払い水族館に入館します。ウーパールーパー懐かしいな。東南アジアの淡水に住む淡水エイは小っちゃくて可愛いです。


綺麗なタコクラゲとマレーシアやタイなどに生息するアジアアロアナです。かすみがうら市水族館との事なので、霞ヶ浦に生息する生き物が中心に展示されているのかと思いきや、外国人選手ばかりのようです・・・。


ここでは紹介しきれませんが珍しい生き物が多いのでとても見応えがあります。寄る予定はありませんでしたが、非常に楽しめる水族館でおススメです。


そろそろ帰ろうとr118で高速道路へ向かう途中に急に現れた崎浜横穴古墳群です。カキ貝殻層を掘って作った横穴古墳で県南では珍しいそうです。貝殻層ってことは大昔霞ヶ浦は海の底だったんですね。驚きですわ。

 

走行距離345km

TOPページへ