富士山ツーリング

2017/0715

 

7月の3連休の初日、涼しく快適なツーリングを求めて富士山までやって来ました。

 

高速で御殿場ICまでワープし、まずは富士山スカイラインを走ります。予想通り標高の高い所なので非常に涼しいです。途中にある水ヶ塚PAでは目の前に雄大な富士山を仰ぎ見ることが出来ます。富士山マイカー規制中なので水ヶ塚公園はシャトルバスの発着点となるため登山者達の車で非常に混雑していました。


富士山スカイラインのr180は樹林帯を走るため、あまり富士山を望む事が出来ません。富士山を見るならいくつかあるPAがおすすめです。

富士山スカイラインからr180で次は富士山本宮浅間大社です。

 

平安時代、富士山は噴火を繰り返していました。噴火は富士山の怒りと考えた人々は、怒りを鎮めてもらうためにコノハナノサクヤヒメを祀りました。コノハナノサクヤヒメはアマテラスの孫であるニニギの妻で、非常に美しい神だったとされています。ちなみに姉はたまげるほどブサイクです。


主祭神に相応しく美しい楼門と御朱印です。姉はたまげるほどブサイクです。


国指定特別天然記念物の湧玉池です。透き通るほど綺麗な湧水は、富士山の雪解け水が溶岩の間から湧き出ているそうです。

日本の滝百選、国の名勝、天然記念物、そして世界遺産にも登録されている白糸の滝です。幅が200mもあるので写真では収まりません。こりゃすげぇわ。Σ(´・ω・`)

次は私の旅に欠かせないダムです。

大倉川農地防災ダムは治水専用で普段は水がありません。ダムの型式はロックフィルで草が生い茂り、正直ダムの見応えはありません。しかし世界遺産とのコラボレーションは他のどんなダムにも劣らない風景を見せてくれます。


ダムからr72へ向かう途中にあるラウンドアバウト。珍しくて写真を撮りました。

 

正直寄るかどうか迷いましたが、日本人として見ておくべきだと思い、若獅子神社にやってきました。

 

こちらの若獅子神社は陸軍少年戦車兵の教官、生徒六百有余を祭神として祀る神社です。この辺りはかつて陸軍少年戦車兵学校があったそうです。

そして激戦のサイパンから帰還しこの地に眠る九七式。車体には凄まじい数の弾痕。戦争の空しさ哀しみ、そして戦死した数多くの少年達を思うと怒りがこみ上げてきます。


気を取り直して次はr71沿いにあるミルクランドへやってきました。搾りたての牛乳で作ったソフトクリームを頂きます。普段あまりソフトクリームとか食べませんがこれは美味しかった。


こちらでは先程の大倉川農地防災ダムのダムカードが貰えます。ふれあい広場では可愛い動物たちに癒されました。めぇぇぇぇ。

富士五湖のひとつ本栖湖に寄り道。写真だけ撮って次へ向かいます。


湖北ビューラインというご機嫌な道を走りお次は西湖です。ご機嫌なんだけど腹減った・・・。いつも通り昼食を食べるタイミングを逃し空腹でフラフラです。

最後はずっと来て見たかった河口湖のハーブフェスティバルです。初夏の富士山と紫色のラベンダーの絶景を楽しめるはずでしたが、残念ながら富士山は雲に隠れてしまいました。イベント開催中なので食事は豊富にあり、写真撮りませんでしたがここで遅めの昼食です。ラベンダーを楽しんだ後はのんびりと17時頃に帰宅しました。

 

本日の走行距離410km

TOPページへ