宮城県2泊3日ツーリング③

2017/05/05

 

おはよう気仙沼。

 

3日目はここ気仙沼で行きたいスポットがあるのですが、開店時間が9時からなのでそれまで周辺を観光したいと思います。

 

まずは気仙沼港と気仙沼大島を結ぶフェリーをぼーっと眺めます。

 

大島と本土を結ぶ気仙沼大橋です。先月に架設作業を終えたばかりで、今後は周辺道路などを整備し2019年中の開通を目指すそうです。


r26で唐桑半島へ向かいます。高さ16mの折石は唐桑半島のシンボルです。

唐桑半島先端の岬である御崎まで来て見ました。目の前には太平洋の大海原が広がります。


イザナミの神が鎮座したと言われる陽沼・陰沼と陸前御崎岬灯台です。沼じゃないじゃん・・・。(´・ω・`)


そしてお待ちかねのシャークミュージアムです。サメをテーマにした日本で唯一の博物館です。チケットを購入して入場すると震災の様子や復旧の歩みを映像で伝えるシアターコーナーがありました。動画の心温かいメッセージに目頭が熱くなりましたが、ぐっと堪え私も思いを書き込みました。何て書いたかは秘密です。

( ;´Д`)ヒィィィィィィー!


模型や映像で謎に満ちたサメの生態を学ぶことが出来ます。知らないことだらけでとても楽しく学ぶことが出来ました。サメのお〇んちんは2つとかね。


気仙沼とはここでお別れです。海と空がきれいな港町、いつかまた来ますね、それまでさようなら。

次の目的地は鳴子なので結構距離があります。途中興味深いスポットがありましたが今回はスルーします。


次はダム巡りです。まずは宮城県が初めて手掛けた県営ダムの花山ダムです。展望台からは絶賛放流中のダムを正面から見ることが出来ますが、草木がちょっと邪魔。ダムによって形成された人工湖は花山湖。ダムカードは職員さんの手作りでした。

そして念願の鳴子ダムに来たぞ!


初めて日本人だけで設計・施工されたダムで、毎年GWの時期にダムに溜まった雪解け水を放流するすだれ放流を見ることが出来ます。鯉が滝をのぼっているように見える事から鯉の滝のぼりとして地域の方や観光客に親しまれているそうです。ダムカードの写真はこの時期に撮ったんでしょうね。


東北で生まれたこけし。この辺りはこけしに関するスポットがいくつかありました。


鳴子といえば東北屈指の紅葉の名所である鳴子峡があります。思いっきり時期を外していますがせっかくなので寄り道します。まずはレストハウスで少し遅い昼食を頂きます。

あー、よく見る景色だ。紅葉の時期にも来てみたいですが、埼玉県民の私でも知っている程の名所なのできっと超がつくほどの混雑なのでしょう。

そして鳴子に青い沼があると聞いて迷いまくってやっと見つけた潟沼です。探している途中でめげて何度も帰ろうかと思いましたが、諦めなくて良かった。綺麗だ、綺麗すぎる。

まだGWは2日残っていますが、残念ながら明日は雨予報です。予定より1日早いですが今日で宮城の旅は終わりです。私は東北の美しさに魅了され何度も訪れていますが、今回初めて被災地をこの目で見て来ました。まだまだ津波の爪跡がたくさん残っていますが、少しずつではありますが大津波により倒壊した建物やがれきは処理され、そこには新しい建物や町の建設が進んでいます。でも未だに多くの人が日常を取り戻すことが出来ません。今私に出来る事は微々たるものですがこのサイトを見て興味を持ち、実際に被災地に足を運び震災の悲惨さを学んでくれたらと思ってます。東北はいいぞ。

 

本日の走行距離632km

3日間の走行距離1426km

TOPページへ