伊豆半島1泊2日ツーリング2日目

2017/05/22


2日目はR135沿いにある尾ヶ崎ウイングからスタートです。ここは展望台が設置されており目の前に広がる青い海は爽快。今日も1日晴れ予報です。

 

R135→r14で峰温泉大噴湯公園へ。まだ営業時間前ですが園内に入る事は出来ます。1日数回100℃の源泉が地上約30m噴き上がる迫力の間欠泉を見ることが出来ます。他にも足湯などがありましたが、残念ながらお湯が張られていませんでした。

河津川にかかる7つの滝の河津七滝。どれも個性溢れる名滝で全て回ろうと思いましたが、割と歩く事と一部見学出来ない滝があるとの事でメインの初景滝だけ見ておしまい。

うーむ、またここに来てしまった。高所苦手なんですよ。(´・ω・`)

次は明治38年に開通した旧天城トンネルです。石造道路トンネルとしては国内最長で国の重要文化財に指定されています。ここまでのアクセスは未舗装道路ですが固くしまったダートなのでオンロードバイクでも気をつければ無問題。


1人で写真を撮っていると伊豆を旅しているコペン乗りのお爺さんが写真を撮ってくれました。たくさんお話して私も歳をとったらこんな風になりたいと思えるような方達でした。人生を楽しんでらっしゃる。

旧天城トンネルを抜けて日本の滝百選のひとつ浄蓮の滝を見学します。


浄蓮の滝で天城名物わさびソフトを食べてみます。えぇ、辛い・・・。全部食べましたが次はないかな。

 

日本の棚田100選に選ばれている荒原の棚田です。アクセス方法はノーヒントで迷いましたが諦めないで良かった。ちょうど田植えの真っ最中でなかなか良い時に来られたんではないでしょうかね。

 

そして中伊豆から西伊豆方面へ向かいます。ここも外せないスポットの仁科峠です。正面に見える小高い丘からは素晴らしい景色を望む事が出来るので登ってみたいと思います。

空気が澄んでいれば富士山も拝めるそうですが今日は見れず。それでも素晴らしい景色。

西伊豆スカイラインはかつては有料道路でしたが現在は無料化されています。有料の伊豆スカイラインに比べ圧倒的に交通量が少ないのが魅力的。でも残念ながら伊豆スカイライン同様にサーキットと勘違いしている低脳やマナーの悪い輩がいます。見ると私より遥かに上のいい歳したおっさん達なんですよね。はぁ、残念です・・・。


西伊豆スカイラインを楽しんだ後はr18でだるま山高原レストハウスへ寄り道です。お昼時だったので名物のわさび丼を頂きます。よくかき混ぜて食べないとつーんときます。むせますよ。(´・ω・`)

レストハウスからは駿河湾越しの富士山がうっすらと見えました。

 

この後の予定は考えてなくてどこか楽しめるスポットがないか新調したばかりのツーリングマップル2017をめくると世界遺産韮山反射炉の文字が!今まで使ってた2013年度版の時にはまだ世界遺産に登録されておらずマップルにも載っていなかった(気がついてないだけかも)

 

そうか、伊豆にあったんだね。では早速行ってみることにします。

韮山反射炉は簡単に説明すると金属を溶かして大砲を鋳造する炉です。内部の天井部が浅いドーム形状になっており、そこで炎や熱を反射させて金属に集中させ溶かすことが出来るそうです。


24ポンドカノン砲のモデルで最も多く鋳造された大砲です。有料ですがガイダンスセンターも併設されており臨場感あふれる立体映像で分かりやすく解説されています。ここはおすすめ。


同じ敷地内に茶畑があり伝統衣装で茶摘みを体験出来るそうで、たくさんの女性や子供で賑わいを見せていました。私もちょっとだけ混ざりたい。

 

最後のスポットはR1沿いにある柿田川湧水群です。以前も来たことがありますが、何度見ても青く透き通った湧水に感動です。日本の名水100選に選ばれる柿田川湧水群の湧水量は日に70万トンから100万トンで東洋一を誇っているそうです。

 

水曜どうでしょうのロケ地としても知られていますね。

 

大泉洋「この水汲めねぇのかよ」「ただで見れんのはいいな」

 

以上で伊豆半島1泊2日ツーリングは終了です。2日間とも天気に恵まれツーリングを堪能できました。今回は割とメジャーなスポットを中心に行きましたが、伊豆はディープでワンダーなスポットも沢山あります。また次回、何年後になるかわかりませんがまた行きたいと思います。伊豆さん、待ってなさいね。

 

本日の走行距離285km

2日間の合計走行距離576km

TOPページへ